概要について

ステージ

宝くじ助成金は、一般財団法人自治総合センターによって運営されている社会貢献事業の一つです。宝くじによって得られた収益を地域社会に還元し、全国のさまざまな地域活動(夏祭りなど)に利用してもらって地域の活性化を図ってもらおうというのがこの制度の狙いでもあります。地域のコミュニティ活動を行う場合、ネックになるのが費用です。ただし、費用面に限界があると魅力あるコミュニティ活動の場も妨げられ、地域社会の活性化もままなりません。しかしそんな悩みを解消してくれるのがこの制度で、これを利用することにより、全国の多くの地域活動が健全な発展を遂げていて、住民福祉の向上につながったりもしています。

制度の利用状況

説明

尚、この制度の対象となる団体は、全国の政令指定都市を除く市町村や広域連合会などとなっています。この女性を受けたい場合は申請を出し、審査の結果条件を満たせは認可が下ります。ちなみに女性を受けられる額は100万円から250万円までで、地域活動に必要な備品代などにあてることが出来ます(夏祭りの場合、矢倉の設置費用など)。この制度を利用した団体の数ですが、2017年度は全国で約1,530の数にのぼり、それら助成金の総額は約35億円となっています。ちなみに宝くじ助成金の申請に費用は一切かかりません。これは当然で、資金調達に苦慮した団体が申請を出してくるわけですから当然です。従って毎年申請してくる団体も多いです。

詳細情報の入手方法

男性作業員

ちなみにこの宝くじ助成金の詳細情報はネット検索ですることが出来ます。この際、この助成金を得た団体から毎年発注が入る業者がこの助成金について分かりやすく解説してくれているページなども見つけることが出来ますので、情報の入手に困るといった心配はありません。この助成金を使って行われたイベントなども知ることが出来、「このイベントは宝くじのおかげなのか。知らなかった」と驚かされることも少なくありません。いずれにせよ、この助成金が全国様々な地域活動に使われ、地域社会の活性化に大いに貢献していることは言うまでもありません。従ってこれまでこの助成金の存在を知らなかった団体の方は、まずは一度、申請を出してみることがおすすめです。尚、この助成金の運営元である一般財団法人自治総合センターのホームページで申請フォームのフォーマットなどもあります。この公式ホームページは少々お堅い作りになっていますが、申請前に一度は目を通しておく必要があります。